国家試験合格へ向けて

国家試験合格へ向けて

おはようございます、佐藤です。

いよいよ今週末、国家試験本番ですね!!

受験生のみなさん、緊張されていることと思いますが
ここまできたら最後は自分との闘いになります。

今まで頑張ってきたことを信じて、全力で取り組めば
きっと合格を勝ち取れるはずです。

また試験当日は、当校HPにて解答速報(暫定版)をup致します

ぜひ自己採点に役立ててください。

さて、本日も先週末に行われた第22回はり師きゅう師の国家試験から
生理学の問題を掲載致します。

問題 RNAが多く含まれる細胞小器官はどれか。
 1. ゴルジ装置
 2. ミトコンドリア
 3. リソソーム
 4. 粗面小胞体

【解答】 4

問題 ピルビン酸の分解で生じないのはどれか。
 1. ATP
 2. 二酸化炭素
 3. 尿 素
 4. 水
【解答】 3

問題 心房から心室への伝導時間を表す心電図成分はどれか。
 1. PQ時間
 2. QT時間
 3. PP時間
 4. RR時間
【解答】 1

問題 過換気で起こるのはどれか。
 1. 動脈血酸素分圧の低下
 2. 動脈血二酸化炭素分圧の上昇
 3. 血漿重炭酸イオン濃度の増加
 4. 血漿水素イオン濃度の減少
【解答】 4

問題 小腸上皮から吸収後、中心乳び管に入るのはどれか。
 1. グルコース
 2. アミノ酸
 3. 中性脂肪
 4. ビタミンB1
【解答】 3

問題 ペプチド結合を有する物質はどれか。
 1. 脂 質
 2. 炭水化物
 3. 蛋白質
 4. ビタミン
【解答】 3

問題 体温調節中枢について正しいのはどれか。
 1. 核心温度の変化を感受する。
 2. セットポイントの下降により発熱が起こる。
 3. 中枢は延髄にある。
 4. プロゲステロンは体温を低下させる。
【解答】 1

問題 糸球体におけるろ過の原動力はどれか。
 1. 糸球体内圧
 2. ボーマン囊内圧
 3. 血漿膠質浸透圧
 4. ボーマン囊内液の膠質浸透圧
【解答】 1

問題 ノルアドレナリンの方がアドレナリンより作用が強いのはどれか。
 1. 気管支拡張
 2. 血圧上昇
 3. 血糖値上昇
 4. 心収縮力増大
【解答】 2

問題 退縮するのはどれか。
 1. 肝 臓
 2. 腎 臓
 3. 膵 臓
 4. 胸 腺
【解答】 4

問題 運動野があるのはどれか。
 1. 前頭葉
 2. 頭頂葉
 3. 後頭葉
 4. 側頭葉
【解答】 1

問題 骨格筋の収縮時にカルシウムイオンと結合するのはどれか。
 1. アクチン
 2. クレアチン
 3. トロポニン
 4. ミオシン
【解答】 3

問題 大脳基底核の働きはどれか。
 1. 感覚の中継
 2. 血糖の調節
 3. 姿勢の制御
 4. 唾液分泌の調節
【解答】 3

問題 光の刺激により縮瞳が起こる機序で正しいのはどれか。
 1. 毛様体筋の収縮
 2. 瞳孔括約筋の収縮
 3. 上斜筋の収縮
 4. 外側直近の収縮
【解答】 2

なお解答は暫定版となりますので、ご了承ください。

最近では、駅の電光掲示板にも応援メッセージが流れていますね。

ジャパン国試合格スタッフ一同、心より応援申し上げます。

http://jkokushi.jp/