柔道整復師予備校

柔道整復師予備校

ジャパン国試合格 
受験相談承り中
日曜講習会の説明会(無料)を下記実施いたします。
5月19日&5月26日 定員となりました。6月2日に申込ください。
生理学の必修対策模擬授業(60分)を実施後に、日曜講習会・模擬試験・夏期必修対策講習会などのガイダンスとなります。また個別相談も承ります。
場所:ブリッジアカデミー3階 <新大久保駅より徒歩3分>
詳しい要綱やアクセス等は後日送付いたします。説明会参加希望者は住所・氏名・電話番号及び参加できる日にち等をご連絡ください。

メール info@jkg.co.jp
電話 03-5287-6301 FAX 03-5287-6302

第21回 国家試験 的中問題抜粋
午 前
問題6 酸素を多く含む血液が流れているのはどれか。
1.門 脈 
2.肺静脈 
3.腎静脈 
4.上大静脈
第2回ジャパン模試(午前)
問題5 酸素分圧の最も高い動脈血が流れるのはどれか。
1.肺静脈 
2.肺動脈 
3.細動脈 
4.毛細血管

問題7 ステロイドホルモンはどれか。
1.アドレナリン 
2.インスリン 
3.エストロゲン 
4.オキシトシン
第2回ジャパン模試(午前)
問題7 脂溶性ホルモンはどれか。
1.アドレナリン 
2.アンドロジェン 
3.オキシトシン 
4.ドーパミン

問題98 女性より男性に頻度の高い疾患はどれか。
1.関節リウマチ 
2.骨粗鬆症 
3.胆石症 
4.痛 風
第3回校内模試(午後)
問題38 男性に多い疾患はどれか。
1.関節リウマチチ 
2.痛風 
3.全身性エリテマトーデス 
4.クモ膜下出血

午 後
問題19 脊椎側弯症に対する装具はどれか。
1.ナイト型装具 
2.ミルウォーキーブレース 
3.テイラー型装具 
4.ウィリアムズ型装具
第2回校内模試(午後)
問題15 脊柱側弯症に処方される装具はどれか。
1.ナイト型体幹装具 
2.ウィリアムズ型体幹装具 
3.ミルウォーキーブレース 
4.ハローベスト

問題52 ジャパン・コーマスケールⅢ―100の状態で正しいのはどれか。
1.見当識障害である。 
2.開眼しているが自分の名前が言えない。
3.普通の呼びかけで容易に開眼する。 
4.痛み刺激に対し払いのける動作をする。
第3回校内模試(午後)
問題52 JSCに関して、痛み刺激に対し、覚醒はしないが払いのける動作がみられるのはどれか。
1.Ⅰ-3 
2.Ⅱ-10 
3.Ⅲ-100 
4.Ⅲ-300

問題71 膝蓋骨脱臼で膝関節の肢位に関係なく脱臼しているのはどれか。
1.反復性脱臼 
2.習慣性脱臼 
3.恒久性脱臼 
4.陳旧性脱臼
第1回ジャパン模試(午前)
問題30 膝蓋骨脱臼の分類の組合せで誤っているのはどれか。
1.外傷性膝蓋骨脱臼 ――― 外力によって発生した脱臼
2.反復性膝蓋骨脱臼 ――― 外傷性膝蓋骨脱臼後、再発を繰り返すもの
3.習慣性膝蓋骨脱臼 ――― 膝を一定の肢位におくと稀に脱臼するもの
4.恒久性膝蓋骨脱臼 ――― 膝の肢位に関係なく脱臼しているもの

問題99 膝蓋骨脱臼で正しいのはどれか。2つ選べ。
1.Q角が増大すると生じやすい。 
2.FTAが減少すると生じやすい。
3.サギングを認める。      
4.固定は膝関節伸展位で行う。
第3回校内模試(午前)
問題30 膝蓋骨脱臼の要因のうち、FTA(femurtibia angle)とQ角の組合せで正しいのはどれか。
1.FTAの増加 ――― Q角の減少  
2.FTAの増加 ――― Q角の増加
3.FTAの減少 ――― Q角の減少  
4.FTAの減少 ――― Q角の増加

問題106 17歳の男子。陸上競技100m走でスタートした際、右股関節に激痛が発生した。患者は股関節の屈曲時に激痛を訴え、膝を屈曲しながらの屈曲力、外転力や外旋力も低下していた。最も考えられるのはどれか。
1.腸骨翼単独骨折 
2.上前腸骨棘裂離骨折 
3.坐骨結節裂離骨折 
4.大腿骨小転子骨折
第2回校内模試(午後)
問題104 17歳の女性。短距離走のスタートの反復練習中、右鼠径部の衝撃音を感じて転倒したという。来所時、起立位を保つことは可能であるが、股関節を屈曲するように指示すると疼痛を訴える。最も可能性の高いのはどれか。
1.上前腸骨棘剥離骨折 
2.下前腸骨棘剥離骨折 
3.大転子単独骨折 
4.小転子単独骨折