今週の問題です!!

今週の問題です!!

 おはようございます。

国家試験まで残すところあと一週間と少しになりましたね。

連日の受験勉強お疲れ様です(^O^)

本日も問題をアップさせて頂きます。

是非隙間時間でトライしてみてください!!!

問題1 肋骨骨折で正しいのはどれか。

1. 幼少年期の肋骨は骨折しやすい。

2. ゴルフスイングによる疲労骨折は外方凸の転位となる。

3. 浮肋骨は骨折が多い。

4. 胸郭の圧迫で介達痛が出現する。

問題2 顎関節前方脱臼で正しいのはどれか。

1. 開口運動が制限される。

2. 下顎頭が側頭骨鼓室部に位置する。

3. 関節包内脱臼である。

4. 上顎歯列が下顎歯列の前方に位置する。

問題3 上腕骨外科頸骨折で正しいのはどれか。

1. 外転型では三角筋の膨隆が消失する。

2. 外科頸部の限局性圧痛はみられない。

3. 内転型では遠位骨折端が内方へ向く。

4. 皮下出血は上腕から胸部に出現する。

問題4 上腕骨顆上骨折で正しいのはどれか。

1. 腫脹は肘関節全周に著明に出現する。

2. 伸展型骨折は遠位骨片が前上方に転位する。

3. 筋皮神経損傷を合併しやすい。

4. 肘頭はヒューター線より高位となる。

問題5 肩鎖関節脱臼で正しいのはどれか。

1. 第三度損傷では烏口肩峰靭帯が断裂する。

2. 手や肘をついた際の介達外力で発生することが多い。

3. 上方脱臼は鎖骨遠位端が健側と比較して上方に転位する。

4. ピアノキー症状は第三度損傷でみられる。

問題6 肘内障で誤っているのはどれか。

1. 肘引っ張り症候群とよばれる。

2. 転倒時の自重でも発生する。

3. 肘外側に発赤を認める。

4. 手を引っ張らないよう指導する。

問題7 膝関節外側部に圧痛を認めるのはどれか。

1. ブラント(Blount)病

2. オスグッド・シュラッター(Osgood-Schlatter)病

3. 後十字靭帯損傷

4. 腸脛靭帯炎


問題1 【解答】  【柔理】p.144,145      

1. 幼少年期の肋骨は弾力性に富むために骨折はまれである。

2. ゴルフスイングによる疲労骨折は、典型的な骨片の転位は認めない。

3. 浮肋骨は、浮遊性があり運動性が大きいので、骨折はまれである。

問題2 【解答】  【柔理】p.134-136      

顎関節脱臼は前方脱臼、後方脱臼、側方脱臼に分類され、ほとんどが前方脱臼で、関節包を破ることなく脱臼するのが特徴である。

前方脱臼では下顎歯列が上顎歯列の前方に偏位し、関節頭は頬骨弓下に存在する。閉口不能となり、弾発性固定も明らかである。

問題3 【解答】  【柔理】p.196        

1. 外転型の患部は肩関節前方脱臼に類似の外観を呈するが、三角筋の膨隆は消失しない。

2. 外科頸部の限局性圧痛は著明である。

3. 内転型では遠位骨折端が外方へ向く。

問題4 【解答】  【柔理】p.207,208     

2. 伸展型骨折では遠位骨片が後上方に転位する。

3. 神経損傷は正中・橈骨・尺骨神経に起きる。

4. 肘頭がヒューター線より高位となるのは、肘関節後方脱臼である。

問題5 【解答】  【柔理】p.262,263      

1. 第三度損傷では肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯が断裂する。

2. 肩峰への直達外力で発生することが多い。

3. 肩鎖関節脱臼の脱臼方向は、肩峰に対する鎖骨遠位端の位置で表す。受傷時の肢位のままで、健側の手で患側の上腕を抱えている場合は、鎖骨が健側より上方に転位しているが、抱えている手を外すと肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯の断裂により、鎖骨との連続性が途絶えているため肩甲骨は下垂し、鎖骨遠位端部が突出する。

問題6 【解答】  【柔理】p.275,276      

肘関節外側に運動痛を認めるが、腫脹や発赤は認めない。

手を引っ張ることが橈骨を選択的に牽引し発生を助長させることが知られ、手首を引っ張ることで前腕両骨を均等に牽引するため、予防策として有効とされる。

問題7 【解答】  【柔理】p.395-399      

大腿筋膜張筋は上前腸骨棘を起始とし、腸脛靭帯へ移行して脛骨外側顆上端部に付着する。

ランニングなどの膝関節屈伸動作により大腿骨外顆との摩擦が生じるため、膝関節外側部に圧痛を認める。

 いかがでしたでしょうか??

問題を解いてみると、忘れていたところ、抜けてしまっているところが明確になり、とてもいい勉強になるのではないかと思います。

また、できると自信にもつながりますよね!!!

ジャパン国試合格では、皆さまの国家試験合格に向け、”最終チェック”のお手伝いをさせていただきたく思っております。

    『前日講習会』

平成29年 3月4日(土) 開場9:00 開始9:30~終了12:45

内容: 一限目;主要三科目

     二限目;臨床系科目

場所: グランパークカンファレンス

 一緒に重要なポイントをもう一度おさえましょう!!

お申込は下記ホームページより受け付けております。皆さまのお申込お待ちしております。

 http://jkokushi.jp/class_limit.html#a_last

柔道整復師国家試験対策校 ジャパン国試合格
 http://jkokushi.jp/