今日の問題

今日の問題

おはようございます、佐藤です。

昨年度、こちらのブログにて当校の模擬試験等から毎週2~3問ずつ
問題を掲載しておりましたが、今年度も再開していこうと思います。

ということでまず本日は、先日実施致しました
平成26年度「第1回ジャパン模試」の解剖学から
基本的な問題を2問、掲載致します。

【問題1】
解剖学的立位肢位において前頭面(前額面)上で行える運動はどれか。
1. 頚部の屈曲
2. 肩関節の外旋
3. 前腕の回内
4. 手関節の尺屈

【問題2】
中胚葉から分化する器官はどれか。
1. 脊 髄
2. 表 皮
3. 膀 胱
4. 軟 骨

【問題1 解答】 4
【解説】
前頭面(前額面)とは身体を前後に二分する垂直面であり、解剖学的立位肢位において前頭面上で行える運動は体幹の側屈や四肢の内外転運動である。手関節の橈屈は外転、および尺屈は内転に相当する。

【問題2 解答】 4
【解説】
中胚葉から分化する器官は骨格系、筋系、循環器系、泌尿器系、生殖器系である。
外胚葉由来の器官は神経系(頭文字ニューロンのN)、表皮(頭文字H)、感覚器(頭文字K)で「NHK」と覚える。
教科書p.16では皮膚との表記があるが、皮膚には表皮、真皮、皮下組織があり、真皮、皮下組織は結合組織なので中胚葉由来である事に注意が必要である。
内胚葉由来の器官は消化器系、呼吸器系、尿路(膀胱、尿道)であり、「消呼は尿道内(証拠は尿道内にある)」と覚えるのも良い。尿管と腎臓は泌尿器系に属し、中胚葉由来である事にも注意する。

このように、本日より毎週火曜日に2~3問ずつ出題していきますので
受験生のみなさん、ぜひチェックしてください!!

ブログを遡ると、昨年度分もご覧いただけます。

柔道整復師国家試験対策校 ジャパン国試合格
 http://jkokushi.jp/