今日の問題24

今日の問題24

おはようございます、佐藤です。

今年最初の問題は、平成26年度「第2回ジャパン模試」の必修問題
運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学より1問ずつ問出題致します。

【問題1】 足部の外がえしにおける足部の動きの組合せで正しいのはどれか。
1. 背屈・回内・外転
2. 背屈・回外・内転
3. 背屈・回外・外転
4. 背屈・回内・内転

【問題2】 炎症の分類と疾患名との組合せで正しいのはどれか。
1. 実質性炎 ―――― 結 核
2. 滲出性炎 ―――― 膿 瘍
3. 増殖性炎 ―――― 劇症型肝炎
4. 特異性炎 ―――― 肝硬変

【問題3】 飲料水の消毒に用いるのはどれか。
1. 塩 素
2. エタノール
3. 両性界面活性剤
4. 過酢酸

【問題1 解答】 1
【解説】
足部の外がえしにおける足部の運動は背屈・回内・外転である。
内がえしは足部の底屈・回外・内転である。

【問題2 解答】 2
【解説】
膿瘍は滲出性炎の一型である化膿性炎に分類され好中球の滲出を主体とする。化膿性炎には膿瘍の他に、蓄膿症、蜂巣炎(蜂窩織炎)が含まれる。
1. 実質性炎は、主に実質性臓器に発症し、組織の変性や壊死等の傷害が目立つので変質性炎ともよばれ、劇症型肝炎などが該当する。
3. 増殖性炎は通常の(非特異性の)肉芽組織や線維の増生を主体とする炎症で代表的なものに肝硬変や間質性肺炎がある。
4. 特異性炎は類上皮細胞の出現を特徴とする特異な肉芽腫を形成する炎症で結核、梅毒、ハンセン病などが代表的である。

【問題3 解答】 1
【解説】
飲料水へ用いる消毒は塩素である。過程としては、沈殿 → ろ過 → 塩素消毒の順番で行う。

柔道整復師国家試験対策校 ジャパン国試合格
 http://jkokushi.jp/