今日の2問

今日の2問

おはようございます。石川です。
今日の問題も、解剖学から2問出題致します。
今週も集中して受験勉強に取り組んでいきましょう。

【問題】

1) 脊髄について正しいのはどれか。
1. 頚髄には側角が存在する。
2. 白質はH字形を呈する。
3. 脊髄神経節は後根に存在する。
4. 神経線維は灰白質を縦走する。

2) 血管について正しいのはどれか。
1. 吻合枝をもたない動脈を終動脈とよぶ。
2. 動脈とは酸素を多く含む鮮紅色の血液が流れる血管をいう。
3. 毛細血管の壁は内皮細胞と強靭な弾性線維からなる。
4. 血管の内皮は単層立方上皮である。

【解答】

1) 【解答】 3 【解剖】p.230~232
1.頚髄には自律神経細胞が存在せず、側角は無い。
2.H字形を呈するのは灰白質である。
3.後根には末梢の感覚神経細胞である脊髄神経節が存在する。
4.神経線維が縦走するのは白質である。

2) 【解答】 1 【解剖】p.124~126
1.吻合枝をもっていても、吻合枝が細い場合には血液供給が不十分となる(機能的終動脈)。脳、心臓、脾臓、腎臓にみられ、梗塞を起こしやすい。(例:脳梗塞、心筋梗塞)
2.動脈とは心臓から血液を送り出す血管をいい、中に流れる血液の内容にはよらない。酸素の多い血液は動脈血というので、注意する事。
3.毛細血管の壁は内皮細胞と基底膜からなる。平滑筋、弾性線維を欠いている為、物質交換をするのに適している。
4.血管内皮は単層扁平上皮である。

昨日は東京で「必修対策講習会」を実施致しました。
ご参加くださいました受験生の皆様、誠にありがとうございました。

スタッフ一同、皆様の国家試験合格へ応援していきます!

 http://jkokushi.jp/