今月は生理学です

今月は生理学です

おはようございます、西澤です。

7月に入り、今月は「生理学」を出題していきます。「解剖学」同様に重要な科目です。

尚、7月10日(日)に「第1回ジャパン模試」を東京会場の高千穂大学(杉並区)で行います。

 ご来場の際、事故等には十分お気をつけてお越しください。

また、「自宅受験」もございますので、現在お悩みの方は是非お申込みください。

お待ちしております。

今週の問題 3問

 問題1 細胞内小器官で正しい組み合わせはどれか。

1.リボソーム–アミノ酸の生成

2.ゴルジ装置–分泌顆粒の形成

3.中心体–細胞分裂時の赤道面

4.ミトコンドリア–解糖系によるATPの生成

問題2 細胞内の陽イオンで最も多いのはどれか。

1.カリウムイオン

2.塩化物イオン

3.ナトリウムイオン

4.燐酸イオン

問題3 赤血球の働きでないのはどれか。

1.酸素の運搬

2.二酸化炭素の重炭酸イオン化

3.セロトニンの遊離

4.体液pHの緩衝作用

問題1【解答】  【生理】p15

【解】1.リボソーム:アミノ酸をペプチド結合してタンパク質を形成する。

3.中心体:細胞分裂のとき紡錘糸の起点となる。

4.ミトコンドリア:クエン酸回路と電子伝達系によるATPを生成する。

問題2【解答】  【生理】p194

【解】 

   うちマイナー リーグ プロよう った! 

うちの:細胞内

マイナー:マイナスイオン(陰イオン)

リーグ:リン酸イオン

プロに:プロテイン(タンパク質)

よう:陽イオン(+)

勝った:カリウムイオン

問題3【解答】 3 【生理】p26、75

【解】3.止血の際、血小板からセロトニンが遊離する。

2.組織(細胞)→気体の二酸化炭素CO₂→赤血球内の炭酸脱水酵素により重炭酸イオン(炭酸水素イオン)HCO₃⁻となる

→この水溶性になったイオンが血漿で肺へ運ばれる→この重炭酸イオンは再度赤血球内の炭酸脱水酵素により気体の二酸化炭素CO₂に戻る→肺から排出

柔道整復師国家試験対策校 ジャパン国試合格
 http://jkokushi.jp/