今週の問題

今週の問題

おはようございます、西澤です。

先週もお知らせ致しましたが、明後日の30日(土)から「土曜講習会」を実施していきます。

来月(8月)11日~15日の期間において、「夏期集中講座」を行います。

必修対策として、主要3科目を中心に展開します。

お申込みお待ちしております。

さて、今週で生理学からの問題は最後です。来月からは「柔道整復学理論」より出題します。

全問正解目指していきましょう。

問題1 体温で誤っているのはどれか。

1. 一日のうちで最も体温が高いのは 午前10~12時である。

2. 殻(shell)の温度は温環境で高くなる。

3. 食後30~90分後に高くなる。

4. 体温中枢への機械的圧迫は発熱の 原因となる。

問題2 呼吸性アシドーシスの原因となるのはどれか。

1. 頻回の下痢

2. 腎機能の低下

3. 肺の換気障害

4. 過呼吸

問題3 腎臓の尿細管で再吸収されるのはどれか。

1. パラアミノ馬尿酸

2. アミノ酸

3. 尿 酸

4. イヌリン

問題1 【解答】  【生理】p.116       

1. 午後3~6時ごろ

2. 芯(core)の温度は変わりにくい

3. 食事誘発性産熱反応(特異動的作用)

4. 頭蓋底骨折・脳腫瘍・脳出血などによる体温中枢(間脳視床下部)への機械的圧迫

問題2 【解答】 3 【生理】p.198   

1. アルカリ性腸液の大量喪失 → 代謝性アシドーシス

2. 尿細管腔へのH+分泌低下 → 代謝性アシドーシス(p.136)

4. 大気のCO2濃度は0.04%と低い → 過呼吸によるCO2の 拡散過多 → 呼吸性アルカローシス

問題3 【解答】  【生理】p.128-129,136     

1. パラアミノ馬尿酸:尿細管での再吸収はない。

3. 尿酸:核酸プリン体(アデニン・グアニン)の最終代謝産物で水に難溶 → 再吸収されない。

4. イヌリン:尿細管での再吸収も分泌もない。

柔道整復師国家試験対策校 ジャパン国試合格
 http://jkokushi.jp/