2015年8月の記事一覧

2015年8月の記事一覧

今日の問題 #1

今日の問題 #1 の画像

今日の問題 #1

おはようございます、佐藤です。夏真っ盛り、各地で花火大会が開催されていますね。ちょうど今週の土曜日に「第27回東京湾大華火祭」がありますが、当校の屋上からキレイに見ることができそうです。受験生のみなさんの中にも、見に来られる予定の方がいらっしゃるのではないでしょうか。ちなみに私は昨年度、隅田川花火大会で迷子になっていたところ受験生数名とばったりお会いしました。さて、今年度も毎週火曜日に「ジャパン模試」と「校内模試」より問題を掲載していきたいと思います。まずは昨年度の「ジャパン模試」全3回の中から正答率の高

「土曜講習会」、始まります!

「土曜講習会」、始まります! の画像

「土曜講習会」、始まります!

おはようございます、佐藤です。そろそろ8月も終わりですね。日も短くなり暦の上ではとっくに秋なのですが、最近急に涼しくなってきて、夏の終わりはなんだか寂しい気分になります。さて、ジャパン国試合格では来月9月5日(土)より毎週「土曜講習会」を開講致します。専門学校・大学の2年生から受講可能な内容になっておりますがもちろん最終学年や既卒の方も多く、昨年度も大変好評でした。年末までに、解剖と生理はマスターしておきましょう!この基礎科目がわかっていれば、他の科目も自然と理解しやすくなるはずです。明後日29日(土)に

「夏期集中講座」のお知らせ

「夏期集中講座」のお知らせ の画像

「夏期集中講座」のお知らせ

おはようございます、佐藤です。8月に入り、ますます暑くなりましたね。全国的に晴れていますが、特に関東地方で気温が高いそうです。今日で東京都心は8日連続で35℃以上となり、猛暑日連続記録を更新しております…いつまで続くのでしょうか。さて、ジャパン国試合格では今年もお盆の4日間(全20時間)、「夏期集中講座」を開講致します。~主要3科目の必修対策~【日程】平成27年8月13日(木)~16日(日)【時間】午前:10時00分~12時00分(2時間)午後:13時00分~16時15分(90分×2コマ)【受講料金】47

今日の問題 #4

今日の問題 #4 の画像

今日の問題 #4

おはようございます、佐藤です。今週も、昨年度「ジャパン模試」の全3回から全国正答率90%以上の問題を出題致します。本日は、「柔道整復学理論」脱臼の範囲より3問です。問題1前方脱臼の発生頻度が高いのはどれか。1.肩鎖関節脱臼2.肩関節脱臼3.股関節脱臼4.膝蓋骨脱臼問題2脱臼の分類と特徴で正しい組合せはどれか。1.外傷性脱臼―――高齢者に多い2.習慣性脱臼―――外傷性脱臼に続発3.先天性脱臼―――股関節に多い4.拡張性脱臼―――関節リウマチが原因問題3脱臼の整復で誤っているのはどれか。1.時間の経過により整

今日の問題 #3

今日の問題 #3 の画像

今日の問題 #3

おはようございます、佐藤です。今週も、昨年度「ジャパン模試」の全3回から全国正答率90%以上の問題を出題致します。本日は、「柔道整復学理論」の必修問題、骨折の範囲より4問です。問題1骨折の固有症状はどれか。1.皮下出血斑2.軋轢音3.機能障害4.自発痛問題2異常可動性を証明しやすい骨折はどれか。1.関節付近での骨折2.長骨の完全骨折3.噛合骨折4.骨膜下骨折問題3骨折の治癒で好適な条件でないのはどれか。1.関節内の骨折である。2.両骨折端が同一血腫内にある。3.両骨片の接触面積が大きい。4.噛合骨折である

土曜講習会「体験授業」のお知らせ

土曜講習会「体験授業」のお知らせ の画像

土曜講習会「体験授業」のお知らせ

おはようございます、佐藤です。世間はお盆休みですが、ジャパン国試合格では本日から4日間、「夏期集中講座」が始まっております。みっちり20時間で解剖・生理・柔理の基礎を固めていきます。さて、来月からはいよいよ「土曜講習会」が開講致します。9~12月の毎週土曜日、解剖学と生理学の共通項目を他の科目ともリンクさせながら授業を展開していきます。とは言われても、学校ではもちろん科目別にしか習わないのであまりピンとこないかもしれませんね。そんな方のため、今月8月29日(日)に無料の「体験授業」を行います!15:00~

今日の問題 #2

今日の問題 #2 の画像

今日の問題 #2

おはようございます、佐藤です。今週も、昨年度「ジャパン模試」の全3回から全国正答率80%以上の問題を出題致します。本日は、「生理学」より3問です。問題1副腎皮質ホルモンはどれか。1.アドレナリン2.アルドステロン3.副腎皮質刺激ホルモン4.セクレチン問題2RNAの特徴はどれか。1.ゴルジ装置で生成される。2.ウラシルを含む。3.水素結合がある。4.イオウを含む。問題3血液pHの緩衝作用に関与するのはどれか。1.エタノール2.グルコース3.重炭酸イオン4.フルクトース問題1【解答】2【生理】p.50アルドス