2014年2月の記事一覧

2014年2月の記事一覧

国家試験合格へ向けて

国家試験合格へ向けて の画像

国家試験合格へ向けて

おはようございます、佐藤です。いよいよ今週末、国家試験本番ですね!!受験生のみなさん、緊張されていることと思いますがここまできたら最後は自分との闘いになります。今まで頑張ってきたことを信じて、全力で取り組めばきっと合格を勝ち取れるはずです。また試験当日は、当校HPにて解答速報(暫定版)をup致します。ぜひ自己採点に役立ててください。さて、本日も先週末に行われた第22回はり師きゅう師の国家試験から生理学の問題を掲載致します。問題RNAが多く含まれる細胞小器官はどれか。1.ゴルジ装置2.ミトコンドリア3.リソ

第22回はり師きゅう師国家試験

第22回はり師きゅう師国家試験 の画像

第22回はり師きゅう師国家試験

おはようございます、佐藤です。先週末は、按摩マッサージ・指圧師とはり師・きゅう師の国家試験でしたね。ということで、本日は柔整と共通科目の多い鍼灸師の先日行われたばかりの国家試験問題から、解剖学を掲載致します。問題腹膜を形成する上皮で正しいのはどれか。1.移行上皮2.円柱上皮3.線毛上皮4.扁平上皮【解答】4問題発生について正しいのはどれか。1.受精は子宮内で起こる。2.着床は胚盤胞の段階で起こる。3.受精後4週目以降を胎児と呼ぶ。4.胎児の臍動脈と母体の子宮動脈はつながっている。【解答】2問題頭蓋の骨で茎

国試前日講習会のお知らせ

国試前日講習会のお知らせ の画像

国試前日講習会のお知らせ

おはようございます、佐藤です。国家試験本番まであと10日ですね!!受験生のみなさん、体調管理を含め体制は万全でしょうか。さて、ジャパン国試合格では来る来月の国家試験前日、来月3月1日(土)に「前日講習会」を実施致します。9:30~12:45(90分×2コマ)、柔整理論の必修問題と臨床系科目の最終チェックを行います。※受講料5.000円定員になり次第、受付を終了させて頂きますのでどうぞお早目にお申し込みくださいませ。また、お申し込みはFAXでのみ受け付けております。では本日はジャパン国試合格の「校内模試」か

国試直前講習会のお知らせ

国試直前講習会のお知らせ の画像

国試直前講習会のお知らせ

おはようございます、佐藤です。先日は、「第3回ジャパン模試」の会場受験お疲れさまでした。自己採点で間違えていたところは、しっかりと復習して国家試験本番へと繋げるようにしてくださいね。さて、ジャパン国試合格では2月23日(日)に「直前いちにち講習会」を実施致します。柔道整復学理論と臨床系科目の総まとめを9:30~16:50の90分×4コマで行います。※受講料14.500円目的としては、・直前期に「これだけは!」の最重要項目を丁寧にチェックしていきます。・必ず得点を上げなければいけない問題をチェックしていきま

今日の問題

今日の問題 の画像

今日の問題

おはようございます、佐藤です。先週末はすごい雪でしたね。受験生のみなさん、怪我等されていないでしょうか。昨日、仙台会場で「第3回ジャパン模試」を受験された方はお疲れ様でした。さて、本日は「第2回ジャパン模試」から柔道整復学理論の必修問題を全14問掲載致します。問題外力の働き方によって3型に分類される骨折はどれか。1.屈曲骨折2.圧迫骨折3.捻転骨折4.破裂骨折【解答】1【柔理】p.29~30屈曲骨折は、1~3型に分類され、1型では「骨片骨折」、2型では「斜骨折」となる。圧迫骨折は、骨の種類や力の加わった方

今日も問題

今日も問題 の画像

今日も問題

おはようございます、佐藤です。ソチオリンピック、開会式は明日ですが大会1日目ですね。受験生のみなさんは、本番が迫っていますのでニュース速報等でチェックしてください。さて、本日は「第1回ジャパン模試」から一般臨床医学の基本問題を掲載致します。教科書の参考ページ数は、最新版のものと、()内に旧版のものを記載してあります。問題特有な体位・姿勢とそれが見られる代表的疾患との組合せで正しいのはどれか。1.前かがみ姿勢――――くる病2.マン・ウェルニッケ(MannnWernicke)姿勢――脳血管障害3.後弓反張――

今日の問題

今日の問題 の画像

今日の問題

おはようございます。石川です。皆様、体調はいかがでしょうか?インフルエンザやお腹からの風邪が大変流行っております。ぜひご注意くださいませ。国家試験まで残り1か月を切りました。日々集中して取り組んでいきましょう。本日は、病理学の問題を13問出題致します!問題1くる病の原因となるのはどれか。1.ビタミンA欠乏症2.ビタミンB12欠乏症3.ビタミンC欠乏症4.ビタミンD欠乏症問題2生物学的な要因によって発症するのはどれか。1.褥瘡性潰瘍2.結核性潰瘍3.カーリング潰瘍4.アスピリン潰瘍問題3骨折治療における長期