2013年7月の記事一覧

2013年7月の記事一覧

夏の学習に向けて

夏の学習に向けて の画像

夏の学習に向けて

おはようございます、佐藤です。7月に入り夏本番ですが、まだジメジメと雨の天気が続いていますね。さて、ジャパン国試合格では先週の日曜日に仙台会場で模擬試験を行い、今週末には東京会場での模試が控えています。いまの自分の実力を正しく把握するということがこの夏の学習のキーポイントになってくると思いますので、点数だけを気にするのではなく、今回の結果を踏まえて今後の勉強に役立ててもらえると嬉しいです。これからどんどん暑くなってきますので、室内でも水分補給等休憩を十分に挟みながら無理せず頑張ってくださいね。今から夏バテ

今週の1問をご紹介致します。

今週の1問をご紹介致します。 の画像

今週の1問をご紹介致します。

おはようございます。中里です。3日連続でこの暑さは身体にはキツイですが、体調はいかがでしょうか?昨日は東京会場で第1回ジャパン模試を実施致しました。とても暑い中、多くの受験生が会場に足を運んでくれました。今後12月と2月にジャパン模試が実施されますので、興味関心のある方はご連絡ください。本日の問題はこちらです。問題次のうち、最も早期に発見されるのはどれか。1.偽関節2.無腐性骨壊死3.骨化性筋炎4.脂肪塞栓【解答】4【解説】柔整理論教科書p.36~39偽関節、阻血性骨壊死(無腐性骨壊死)、骨化性筋炎は後遺

今週の問題です。

今週の問題です。 の画像

今週の問題です。

おはようございます。中里です。7月も残り3日ですね。昨日は「必修対策いちにち講習会」でした。参加してくださったみなさん、4時間の講習お疲れさまでした。必修に不安を持っている方が多かったようでしたが、受講して「自信がついた」と帰られた方もいらっしゃいました。必修出題傾向や対策の話が講義中にあり、良い1日だったと思います。問題外力の働き方による分類でないのはどれか。1.剥離骨折2.屈曲骨折3.斜骨折4.捻転骨折【解答】3【解説】柔整理論p.28~30斜骨折は骨折線の方向による分類である。斜骨折の他に横骨折、従

体調管理 ~熱中症にご用心~

体調管理 ~熱中症にご用心~ の画像

体調管理 ~熱中症にご用心~

おはようございます、佐藤です。7月らしい夕立や雷が続きますね。来週から8月に入り、ますます暑さが厳しくなりそうです。受験生のみなさん通学・通勤中の熱中症には十分気を付けてください。涼しい室内にいても、飲まず食わずで長時間頑張りすぎてしまうと危険ですので、程よく休憩を挟みながら勉強してくださいね。とくに柔道整復師に限ったことではありませんが、体調管理が一番大切です。健康であれば多少のことは平気と思われるでしょうが、無理と無茶は違います。自分の体力を過信しすぎず、油断せず何事も計画的に、根を詰めすぎないように

今週の1問をご紹介します。

今週の1問をご紹介します。 の画像

今週の1問をご紹介します。

おはようございます。中里です。夏期休暇に入った学生さんもいると思いますが、この夏にやるべきことを明確にし、国試に向けて勉強をしていくことが大切だと思います。この暑さにも徐々に身体も慣れていくことと思いますが、油断はできません。しっかり水分・塩分を補給し、有意義な夏期休暇にしてくださいね。では、今週の問題です。問題鎖骨骨折に関する記述で正しいのはどれか。1.肘関節を伸展して倒れたり、肩を下にして転倒した際の介達外力によって受傷することが多い。2.骨折部位は内側1/3での発生が最も多い。3.患者は患側上肢を胸

夏期講習のお知らせ

夏期講習のお知らせ の画像

夏期講習のお知らせ

おはようございます、佐藤です。少し涼しい日が続いていますが、気温差にやられていないでしょうか。来る8月6日(火)~10日(土)の5日間、ジャパン国試合格では「夏期集中講座」を行います。9:30~16:50の1コマ90分×4で柔整理論・解剖学・生理学・臨床系科目の授業を展開する予定です。※計30時間、受講料\55,000必修問題対策を中心に徹底的に学習していきますので、これを機に基礎は確実にできるようにしておきましょう。また柔整の国試対策において経験と実績のあるプロの講師陣による講義のため、在学中の方はもち

今週の1問をご紹介します。

今週の1問をご紹介します。 の画像

今週の1問をご紹介します。

おはようございます。中里です。今日は久しぶりに涼しく気持ちの良い朝ですね。日中も過ごしやすいといいのですが。昨日が海の日でお休みでしたので、今日問題を1問ご紹介します。問題フォルクマン拘縮について誤っているのはどれか。1.深層にある筋ほど変性が強くみられる。2.他動的に手指を伸展すると激しい疼痛が誘発される。3.手関節軽度屈曲、MP関節過度伸展、PIP関節屈曲、DIP関節屈曲の変形を呈する。4.5P徴候として疼痛、知覚過敏、脈拍減弱、痙性麻痺、発赤がみられる。【解答】4【解説】柔整理論p.39,84,21

必修対策講習会のお知らせ

必修対策講習会のお知らせ の画像

必修対策講習会のお知らせ

おはようございます、佐藤です。梅雨明けしてますます暑くなってきましたが受験生のみなさん体調等崩していないでしょうか。早くも猛暑日が続いて辛いですね。。。先週で「第一回ジャパン模試」の会場受験が無事終了致しました。受験された方はお疲れさまでした。これから学校内で受験される方も頑張ってください。そして今月末、ジャパン国試合格では7月28日(日)に「必修対策講習会」を行います。10:00~15:00の2時間×2コマで午前は柔道整復学理論、午後は解剖学・生理学・臨床系の科目を中心とした授業を展開していきます。また

今週の1問です。

今週の1問です。 の画像

今週の1問です。

おはようございます。中里です。今日から7月です。あっという間に暑い暑い夏になりますね。体調管理はしっかりおこなってくださいね。先週に引き続き日曜講習での演習問題(柔理:総論)を1問ご紹介致します。包帯固定学の教科書は柔理に比べあまり見ないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。用語を再確認するのに良いと思います!問題正しいものはどれか。1.良肢位と機能的肢位は同義である。2.安全肢位とは拘縮が起こった際、日常生活動作上最も支障の少ない肢位のことである。3.手のMP関節の側副靭帯は屈曲時に弛緩し、伸展時